岡口基一の「ボ2ネタ」

2003年から続いている老舗「司法情報」ブログです。過去の司法記事の検索やリンクバーでの最新情報のチェックが便利です

性同一障害の診断があった場合の「名の変更」

性同一障害の診断があった場合の「名の変更」は、

新しい名の使用実績が少なくてもよいし、

性別変更のための要件の全てを具備していなくてもよいって、

要件事実マニュアル5巻にも書いてあっただろ!

 

なのに大阪家裁は、こういう場合の「名の変更」の申立てを認めませんでした・・

 

→抗告をしたところ、大阪高裁で、ようやく認められました

 

@大阪高決令和元年9月18日判タ1475号75頁

 

 

その他の今日の司法ニュース

 

 

沖縄の女性 養育費の支払が認められる アメリカの裁判所によって

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/652156

 

 

 

建設石綿訴訟、最高裁で弁論 原告側、一人親方への賠償主張

https://www.asahi.com/articles/DA3S14668213.html

 

 

NEC正社員の男性自殺 労災認定で逆転勝訴

https://www.sankei.com/affairs/news/201021/afr2010210048-n1.html

 

 

 

 

 

刑事判決はミスをするリスクが高い

https://news.livedoor.com/article/detail/19102708/

しかし、みすをしたからといって、いちいち厳罰に処していると、

刑事裁判官の希望者がいなくなるので、分限裁判になったりはしないわけです。

 

ちなみに、俺は、二度も、最高裁からデタラメな事実認定をされて分限処分になりましたが(笑)

 

 

 


日本人は、外国人のことを「人間」だとは思ってないからね。

要らなくなったらゴミのように捨てる(笑)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201022/amp/k10012672371000.html

「ひどすぎる。もう日本人を信じられない」

 

 

最近、裁判官のツイッターアカウントが増えてます

最近、裁判官のツイッターアカウントがどんどんできて、「パイオニア」の俺としては、嬉しい限りです


未確認飛行裁判官さん

https://twitter.com/ufjudge

 

こたえるじぇー(J)さん

https://twitter.com/Q_Ans_J2

 

匿名裁判官さん

https://twitter.com/courts_jp

 

 

 

 

その他の今日の司法ニュース

 

名古屋地裁で、当事者の反論を認めなかった裁判官

高裁が「正当に訴訟する権利を害している」として一審判決を取消し

https://mainichi.jp/articles/20201022/k00/00m/040/270000c

 

 

こ知らの事件も、原審の名古屋地裁がひどいね

最近の名古屋地裁判決は、ええ??と思うものが続いている

https://www.asahi.com/articles/ASNBR5S2TNBRUTIL03Z.html

 

 

 

【マンガ】「月給13万5000円副業禁止」司法修習生たちの知られざる苦悩

「やっと司法試験受かったのによー。何でこんなひもじい生活しなきゃいけねーんだ?」

https://news.yahoo.co.jp/articles/d159c2f201658592c0ccd4e782be647620851ddb

 

 

弁護士横領被害 見舞金計1890万円 日弁連、制度開始3年

今回、山梨の弁護士の着服で1125万円使って、合計額が一気に増えましたね

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65307400S0A021C2CE0000/

 

 

公判前整理手続後に証拠調べ請求「法の趣旨反する」 大津地裁の運用、何が問題だったのか

https://www.bengo4.com/c_1009/guides/1825/

 

離婚訴訟 年金分割の按分割合

婚姻期間44年中、同居期間は9年しかなかった


こういう場合はさすがに、年金の分割割合は、0.35でいいでしょとした原審の大津家裁高島出張所


ところが、大阪高裁はこれを取り消し、0.5としました


年金の半分は別れた奥さんにあげなさいねって


阪高決令和元年8月21日判タ1474号23頁

 

 

 

その他の今日の司法ニュース

 

 

日本学術会議会員候補者6名の速やかな任命を求める会長声明

 

日弁連

https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2020/201022.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201022/k10012675621000.html

東京弁護士会

https://www.toben.or.jp/message/pdf/201022ikensho.pdf

 

 

 

静岡家庭裁判所職員大塚遥香さん(31)

新聞配達エッセー最優秀賞

ただし、配達されていたのは、おじい様のようです

https://news.yahoo.co.jp/articles/33ca414c35b58a0e407f79292535befbf7028cca

俺も小学校3年から新聞配達をして働いてました。

同じように新聞配達歴のある法曹として

田中広太郎弁護士や吉成安友弁護士がいます。

 

 

 

 

袴田事件 再審請求審のクラウドファンディングに支援1800万円 訴訟費用で最高額

https://news.yahoo.co.jp/articles/8376ec88205b4666350251a236333e812ba17ba8

最高裁は、事件を寝かせておく作戦でしょうか・・

 

 

 

 

自民党幹部 「やっとAさんが表に立ってくれたな。最初から克行被告人についてくれればよかったのに。Aさんの手腕があれば大きく裁判が変わるのではないか」

https://news.yahoo.co.jp/articles/5947f8cbcd519bc22738680cefab4d7b23cd9c12

 

 

 

米司法省がグーグル提訴 独禁法違反、検索で競争阻害

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO65250910Q0A021C2MM8000

使用貸借の目的物の固定資産税は誰が払うのか?

使用貸借の目的物の固定資産税は誰が払うのか。

親族間紛争の事件で,よく問題になるよね。親族間での使用貸借って多いから。

 

新版注釈民法15巻110頁や,山本敬三・契約法545頁は,目的物の公租公課は
使用借人が払うと,結論だけさらっと書いてあるんだけど,
他方,中田裕康・契約法375頁は,固定資産税について,固定資産の所有者に課せ
られるものであるから,当然に借主負担になるわけではないとの見解

 

で,最判昭和41年10月27日の判例解説を見てみると,最高裁調査官も,中田説
に近い。
判例は,使用貸借の目的物件に対する公租公課を,民法595条1項の「通常の必
要費」に含ませるとする見解は採っていないものと思われる。」
@高津環・最高裁判例解説昭和41年度441頁(判例集未登載の最判昭和41年6
月30日も付加的に挙げられている)。

 

さらに、東京地判昭和46年3月10日判時640号74頁も同じ見解

 

 

もっとも、他方で、反対の見解の裁判例も。

最二小判昭和36年1月27日裁判集民48号179頁,東京地判平成9年1月30日判時1612号93頁は、使用貸借の目的物件に対する公租公課が民法595条1項の「通常の必要費」に当たるとしています。

 

実務は真っ二つに分かれているようです。

 

 

 

その他の今日の司法ニュース

 

 

財産開示手続に不出頭→民事執行法違反(陳情等拒絶)の疑いで書類送検される

https://news.yahoo.co.jp/articles/fecc0868a057f86dd8079f820ae5d0cdb8b08910

 

 

 

大阪で検察官がコロナに感染し、

1年半以上勾留されている被告人の裁判が延期に

https://news.yahoo.co.jp/articles/476c805c15205486a98743e5b78f88a939b8b535

 

 

阪高裁、異例の判決言い直し 刑期の差し引き換算誤る
https://www.asahi.com/articles/ASNBP6JTKNBPPTIL01M.html

 

 

 

交差点死亡事故、車運転の男性に無罪判決

https://www.yomiuri.co.jp/national/20201020-OYT1T50038/

 

 

死刑執行を被害者遺族らに通知 法務省、新制度導入

https://www.sankei.com/affairs/news/201021/afr2010210003-n1.html

 

会社を清算するときは、こっそり会社名を変えたりするのですが・・

会社を清算するときは、目立たないように、こっそり、会社名を変えたりするのですが、まさかこんな名前に変えてしまうとは・・・(笑)

https://www.tokyo-keizai.com/archives/54978

 

 

その他の今日の司法ニュース

 

 

「劇団活動は労働」異例の判決確定 訴えた元団員の願い

https://www.asahi.com/articles/ASNBM4FDWNBDUTIL03C.html

 

 

 

キャバクラ店が私的交際禁止の雇用契約、地裁が無効判決 大阪

https://www.yomiuri.co.jp/national/20201020-OYT1T50065/

こういう記事を書くときは、どういう法律構成で無効にしたのかまで書いてほしいですね

 

 

 

麻薬かお茶か、法廷論争に DMT

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e77f17789546254ab97732ce43dd6f5fc734d45

 

 

 

第二次夫婦別姓訴訟、請求棄却 「違憲」の訴え認めず 東京高裁

https://news.yahoo.co.jp/articles/01dea4045a41ae50d095811bf976794532e5fe92

 

 

 

司法書士が協力金詐欺未遂の疑いで逮捕 “専門知識”を悪用か

https://news.yahoo.co.jp/articles/edaf350bd19138c7158a56cc723d97292d264a54

 

大塚直・環境法第3版は捨てちゃダメ

大塚直・環境法第4版(2020年,有斐閣

第3版にはあった「民事訴訟」に関する記載が,全部削除されてしまってるね・・ 。

大塚先生は要件事実も好きで,旧版では環境訴訟の要件事実的なことも書いてくれていたのだが・・。

別の本みたくなってるので、第3版は捨てちゃだめだね。

 

 

その他の今日の司法ニュース

 

インスタの「ストーリーズ」掲示板転載は「肖像権侵害」 地裁が発信者情報開示を命じる

https://news.yahoo.co.jp/articles/4459281eb2bed13daaedb81a873b99f4eb01f30b

 

【交通事故の被害】弁護士有無で示談交渉金に220万円の差 弁護費用を払っても依頼をすすめる理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c5171e9440e46f3f7b72df6af75f529574bba0

 

 

Franceの新しい裁判所は旧電池工場のリノベーション
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2020/10/post-2bc48c.html

 

 

 

企業法務系の法律事務所は、アナログのままだと、葬り去られるようですよ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64341620Y0A920C2X11000/

幸い、訴訟系の法律事務所は、定型訴訟がODRに持っていかれるものの、そのほかは、むしろ、人間でなければできない仕事ばかりが残りますから、ITによる事務の効率化は進むものの、ロボットに取って代わられるということはなさそうですね

 

 

ここからは、私事ですが・・

 

一昨日は遥々、愛知県の刈谷教会の日曜礼拝へ行ってきました。

84歳になった父親(元牧師)が、もしかすると、これが最後の説教かもということで、
俺の長男夫婦、俺の弟家族、俺の姉の娘と共に駆けつけたのです。

父親は、心臓の不治の病で長期の入院などを経たうえでのカムバックだったのですが、
説教の題材として選んだ聖句は、コリント人への第2の手紙12章
これまで多くの聖書学者が議論してきたこの箇所を
自らの体験になぞらえながら、わかりやすく解説したもので、
体や心が弱ってる人間に勇気を与える説教でした。

俺の大学時代のサークルの後輩が、俺が来ると知ってて、こっそり俺に会いに来るという嬉しいサプライズもありました(😊)

画像はその後輩(岡田浩司君)と俺です

f:id:bo2neta:20201020000907j:plain

 

 

30年前の写真も(笑)

 

f:id:bo2neta:20201020000934p:plain

 

 

民法改正:履行不能の場合の代償請求(民法422の2)

民法改正:履行不能の場合の代償請求(民法422の2)

 

履行不能であれば、それに基づく損害賠償請求をすればよさそうだが、それとは別に、履行不能の場合の代償請求というものが認められている。

 

そのメリットは・・

 

1 代償請求は,債務者に帰責性がない場合でも請求できる

▼とりわけ,債権者に帰責性があるため債務者が反対債権を失わない場合(民法536条2項)に,本請求の実益があるそうです。債務者が反対債権に加えて代償利益まで取得するのでは,二重の利得になるからです(平野裕之・債権総論52頁)。

2 債務者に損害賠償債務を履行する資力がないときは,代償請求により代償を取得する実益がある(藤原正則・判時2420号131頁)。

3 代償請求であれば、過失相殺がされない(藤原・判時2420号131頁)。

 

その他の今日の司法ニュース

 

里親経験ある弁護士が講演  

弁護士夫夫の南先生です

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20201017/3030008875.html

 


暴力団の主たる資金源「特殊詐欺」にオドロキ判決 背景に「警察」「民暴弁護士」の活躍
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe40ea871c07d982e252d9f16e42e2cadac7c90d

 

 

SNSや課金のトラブルも弁護士に相談できる

「こどもスマホ保険」の法律相談サービス

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d0151a269a1acbee011c4ac8030b05433c6c8e6

 

犯罪被害者の支援団体から見た「少年法改正」

https://www.bengo4.com/c_1009/n_11792/

 

「弁賠事例集」編集弁護士に聞く 弁護過誤事例の傾向と対策

https://www.bengo4.com/c_18/guides/1807/