岡口基一の「ボ2ネタ」

2003年から続いている老舗「司法情報」ブログです。過去の司法記事の検索やリンクバーでの最新情報のチェックが便利です

昔から何人も死んでたけど、日本人は気に留めなかった

https://twitter.com/orwellian1984jp/status/917281451946631170 その他の今日の司法ニュース 国と企業の賠償責任認める アスベスト訴訟で最高裁判決 https://www.asahi.com/articles/ASP5K42GBP56UTIL011.html 建設アスベスト訴訟原告に最大1300万円和解金…

権利抗弁はローマ法が由来

同時履行の抗弁や留置権の抗弁のような,請求権に対し,その履行を拒絶する抗弁の原型は,ローマ法のexceptioというものでした。 これが,中世ローマカノン法のexceptio jurisへ引き継がれ,さらに,ドイツ民法の「実体法上のEinrede」へと発展しますが,そ…

これが「司法のIT化」(^_^)

簡易裁判所にされた事件処理プログラムのNAVIUS 「NAVIUSで宛名を作成するだけで時間がかかる」 「NAVIUS導入による事務量増加のために裁判所職員が増員された」 「簡素化・効率化を阻む最大の原因はNAVIUS」 http://www.zenshiho.n…

日弁連が入管法改正に反対

日弁連が入管法改正に反対「死亡事件の真相究明置き去り」「廃案を求めざるを得ない」 https://www.bengo4.com/c_16/n_13055/ 政府与党は、この国で生きる外国人を尊厳ある存在としてとらえているのだろうか。そんな根本的な疑問がわいてくる。 https://www.…

法定充当と時効の更新

親が長男に金を貸したよ。250万円も。その1年後に400万円も。さらにその1年後に300万円。 そしたら,長男は,その2年後に,79万円を弁済しただけ。この弁済を3つの債務のどれに充当するのか指定せずに。 その後も長い間,残額の支払をしなか…

日本の裁判は「古代の裁判」

最高裁に告ぐにも書きましたが、裁判の近代化とは、科学的合理的な判断がされ、それを理由に記載することで、第三者がその判断過程を検証できるようにすることです。 それがされていない判決や決定は、卑弥呼の時代のような古代の裁判と言われても仕方があり…

昭和の裁判所は,女性差別が酷かった

「女性の方がここにおるので言うが、最高裁は女性を採用しないということはないが歓迎はしないことは事実だ」(昭和44年、司法研修所所長の裁判官志望者に対する講話) 「年長者、身体障害者、女性についてはあまり歓迎しない。」(昭和45年 修習生任官説明…

元号ではなく西暦でしょう

要件事実等の記載例を全て西暦表示にしている法律書がありました 「Aは,2013年9月1日,死亡した。」といった具合に 村田渉=山野目章夫・要件事実論30講(第4版)(弘文堂,2020年)です その他の今日の司法ニュース 長野県が「犯罪被害者支援…

岡口分限決定Ⅱの判例雑誌コメントが出ました

舟橋伸行最高裁調査官によるコメントと思われますが, 岡口分限決定Ⅱの問題点を逆に露呈したものになっています。 問題となったツイートは、性犯罪に係る刑事判決の判決文の「1 本件事案と控訴の趣意」の一部をそのまま記載した上で、「無残にも殺されてし…

日本国籍のある日本人の同性婚第1号になりそうです。

日本国籍のある日本人の同性婚第1号になりそうです。 赤いマスクで背の高い方の方が日本人(もう一人の赤いマスクの台湾人の方と同性婚) 日本国籍を有する日本人であっても、 台湾に定住していれば、 台湾人と同性婚ができることが、 台湾の裁判所で認めら…

「自分」,「自分」と言うのではなく,みんなのことを考えよう

ナチスの政治体制が確立して以来,ドイツ法律学は急速に変容した。 何よりも批判の的とされたのは,従来の個人主義的権利観である。 ナチスの法観にとっては,共同体が優位を占め,共同体の法が従来の個人の法にとって代わるべきことを要請する。債権者債務…

電子コミックに「要件事実マニュアルもどき」が登場(^_^)

電子コミック「夏目アラタの結婚」で、元司法浪人生の家に「要件事実マニュアルもどき」が置かれていました(__) 見た目はそっくりです(^_^) https://twitter.com/shivashikibu/status/1389859948931080197 https://twitter.com/matsumoto_toki/status/138888…

どんだけクズなんだよ 財務省は

やはり存在していた。赤木ファイル しかも、「妻側が、ファイルの提出を国に命じるよう地裁に申し立てたため、存否の回答は避けられないと判断したとみられる。」って、 財務省は本当にクズだな https://www.asahi.com/articles/ASP546SFFP54PTIL002.html ht…

懐かしい。司法試験の合格者が新聞報道されていた時代

その他の今日の司法ニュース 同性婚実現、憲法に希望 https://www.saga-s.co.jp/articles/-/670922 公害被害者にあまりにも冷たい国 そしてこれは他人ごとではない。 新たな産業被害はこれからも起こるからである。例えば原発被害 https://news.yahoo.co.jp/…

最高裁判決を国民が納得していない

「最高裁に告ぐ」では、 NHK受信料強制大法廷判決 君が代再雇用拒否判決 を取り上げました。 いずれの判決も、 結論を導く理由が、あまりもずさんで, 理由になっていない又は理由がない。 理由不備といってもよいレベルのものだったからです。 そんな強引…

第4波がすごいことになっていますが、司法試験は強行するようです

第4波がすごいことになっていますが、司法試験は強行するようです 5月12日からです。 東京と大阪の会場に近隣県から2万人単位で受験生が集まります。 https://twitter.com/yasuhirosaitou/status/1388484256377184265 その他の今日の司法ニュース 京都府警…

使われない民事再生手続

東日本大震災の被災者支援の場面でも,民事再生手続が使われたことは1件もないそうです。 予納金が最低でも200万円と被災者には高額であることがネックになっているようです。 アメリカで2019年に始まった簡易な「再建」手続を,日本も参考にすべき…

モリハマが同性婚に賛同!!

日本の四大弁護士事務所のうちの一つ モリハマが、 婚姻の平等(同性婚の法制化)に賛同するキャンペーン「Business for Marriage Equality」への賛同を表明 https://www.mhmjapan.com/ja/news/articles/2021/88.html その他の今日の司法ニュース 日本中の弁…

供述弱者問題

供述弱者問題 日本の刑事司法が、西山美香さんの再審無罪事件によって学習したはずの問題です 日本の刑事司法に「学習能力」があるのかが問われている事件があるようです https://news.yahoo.co.jp/articles/d10071d66bd39125d1e186404c2741991098b845 その…

改正民法で司法試験に合格したのに・・・

司法試験に合格して司法研修所に入所した74期司法修習生が、 導入修習で、改正前民法の問題が出るので、面食らったそうです(^_^) 2回試験も改正前民法で出題されるのではないかという噂まであるそうですが 問題はまだ作っていないでしょうから、ぜひ改正…

最近の実務家は,要件事実ができてない by村田渉元判事(現 中央大大学院教授)

村田渉元判事(現 中央大大学院教授)曰く 1 最近の実務家は,要件事実ができてない。 「訴状や準備書面において,必要十分な記載となっていないものが少なくない。「要件事実は黄昏か」などと言われて久しい。」 2 司法研修所は,事実認定教育が中心とな…

権利抗弁って何?

同時履行の抗弁,留置権の抗弁,単純保証の催告・検索の抗弁は「権利抗弁」と言われているけど,そもそも,権利抗弁って何? 権利抗弁について詳しくわかる論文が,坂田宏・民商法雑誌110巻6号974頁 この論文によると, 同時履行の抗弁権は,「訴訟上…

全部ぶち壊し(^_^)

この解釈変更のプロセスに問題があったとして、 諮問委員会を立ち上げて意見をまとめたり、その後も法務省で再発防止策を検討したんだけど あれって何だったの? 「20日の衆院法務委員会で、上川法相は、昨年1月の解釈変更は適正に行われたと述べた」 https:…

死刑裁判やり直し、最高裁「認めない」 元判事らは「説得力なし」と批判

死刑裁判やり直し、最高裁「認めない」 元判事らは「説得力なし」と批判 大崎事件決定で猛批判を浴びた「第一小法廷」です 元東京高裁判事の木谷明弁護士 「一応の理由らしきものは書いてあるが、弁護側主張を挙げつつ確定判決をなぞるだけで何も言っていな…

裁判官は渉外訴訟が苦手

共有物分割訴訟で、当事者は全員日本在住の日本人ですが、共有物は上海にあるマンション。 東京地裁は、国際裁判管轄が日本にあるとした上で 民事訴訟法3条の9に該当するとして、訴えを却下しました。 いやいや、ちょっと待った・・。民事訴訟3条の9も,…

大阪地裁に差し止められた大飯原発3,4号機は,何が問題だったのか

大阪地裁に差し止められた大飯原発3,4号機は,何が問題だったのか https://www.lawlibrary.jp/pdf/z18817009-00-140972007_tkc.pdf 黒川哲志教授(早稲田大学) 原発施設は,地震による加速度によって作用する地震力に耐えられるものでなければなりません…

医療事件は、建築事件のように、専門家調停や専門委員とはならない

医療事件は建築事件のように専門家調停や専門委員とはならない 令和元年の東京地裁医療集中部 専門委員関与事件はわずかに9件,付調停事件はゼロ件だそうです。 @法曹時報72巻7号133頁 その他の今日の司法ニュース ネット中傷、投稿者特定を迅速に …

公害の被害者に あまりにも 冷たい国 そして裁判官

公害の被害者って、何も悪いこともしていないのに大変な被害に遭ったのだから、真っ先に救済されるべきなのに、 この国では全くそうはならない。 それどころか、50年以上も放置されたあげく、 今になって、裁判官たちから、 50年前に魚を食べていたこと…

岡口分限決定Ⅱに対する批判 令和2年度重要判例解説を入手しました

岡口分限決定Ⅱに対する批判 川岸令和早稲田大学教授によるものです @令和2年度重要判例解説3頁(有斐閣) 「本決定(=岡口分限決定Ⅱ)のように,「品位を辱める行状」を広範に定義することは,裁判官が生き生きと活躍する司法にふさわしいかは疑問である…

学者裁判官が絶滅した日

「少数派ではあっても昔から続いてきた学者裁判官の伝統も、今では細りつつある。まとまった研究で自己の司法観や訴訟観を示すような裁判官は、私の世代ぐらいのあと、あまり出ていない。」 https://news.yahoo.co.jp/articles/81b3cb8f1deb21bc6719e85dd3b7…