岡口基一の「ボ2ネタ」

2003年から続いている老舗「司法情報」ブログです。過去の司法記事の検索やリンクバーでの最新情報のチェックが便利です

発言切り取り問題と言えば、岡口罷免判決です。


表現行為の一部のみが切り取られて訴追事由にされていたため、
それをこちらが指摘したにもかかわらず、
なんと、弾劾裁判所は、切り取り部分だけを対象とし、
その表現が重大な非行に当たるとしたのです。
これは、まさに古今東西、前代未聞であり、
中国や北朝鮮の裁判所だって、こんなことはしません。


そのことは完全にスルーするのに、
上川発言だと、とたんに「切り取り」「切り取り」と騒ぎ出す人達も
ダブスタが甚だしい(^_^)。

 



その他の今日の司法ニュース

 


引越のサカイ」未払い賃金を独自の精算金で買い取りか 弁護団「判決見越して債権放棄させるのは悪質」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/327930

 



単位会別女性弁護士割合2023
https://x.com/shoheikoyanolaw/status/1792016366276583682

 

2027年までに新庁舎  沼津支部
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1472885.html

 

 


「国民が主体的に裁判員に参加する意義を社会で共有すべきだ」などと指摘している「専門家」
https://www.asahi.com/articles/ASS5L46HWS5LOXIE05CM.html
しかし、この裁判員制度は、姑息なアンケートの選択肢の変更で、だまし討ちのように作られたものだったのだ
https://bo2neta.hatenablog.com/entries/2007/02/08#p11



 


Amazonでも発売開始していました
予備試験「民実」用のインプット教材
「要件事実入門紛争類型別編」


試験委員は、要件事実の場合、権威となる本が司法研修所の本しかないので、
その中で最も詳しく新しい「紛争類型別」から、基本的には問題を決めていきます。
なので、「紛争類型別」は、受験生としては外せない。
しかし、いかんせん、「紛争類型別」はとても難解なのです。

ということは、受験生に一番必要なのは
紛争類型別をわかりやすく解説した本でしょ!
ということで、この本を作りました。

おまけとして、予備試験過去問全問題の要件事実的解説付き
これだけ単体でも商品になるものを、おまけで付けています(^_^)

 https://www.amazon.co.jp/-/dp/4908621225/